2010年4月アーカイブ

近所を10kmほど散歩する

| トラックバック(0)
日頃の運動不足を解消するというつもりで、妻とやや多めの散歩をする。 多摩市と境を接する川崎市麻生区には素晴らしい里山がある。天明8年と彫られた地蔵のあるほこらがあり土地の歴史を垣間見る。その里山を横切る形で町田市真光寺町に抜ける。ある表札は「人首」とあったけど、なんと読むのか珍しい名字と思った。鶴川のコメダコーヒーで一休みする。コーヒーのほかにシロノワールという温かいデニッシュにアイスクリームが乗っかっている珍妙なおやつを二人で分けた。 帰りも電車に乗らずに帰ったので合計10kmあまりの散歩となった。

ブログはやはりめんどう?

| トラックバック(0)
twitterは140字以下という以外に、文字の装飾や写真の投稿もできない制約のなかで「世界」を作ることに成功している。mixiももはや何かちがう、という感想をもつようになった。

父逝く

| トラックバック(0)

PICT0507.jpg15日未明がん闘病の末75歳の父親が永眠した。

16日の通夜と17日朝から雪が降る中の葬儀告別式は近親者のみで行われた。10時半出棺の頃にはすでに晴れ間が見え雪は消えていた。11時すぎ荼毘に付された。

入院中の父親の面会に行く

| トラックバック(0)
PICT0424a.jpg

4月4日。朝は初期不良の洗濯機が交換されるのに立ち会い、11時半ころ出発する。
駅前の写真屋で10枚ほどプリントし12時過ぎに永山駅発の電車に乗る。
小田急、新宿から山手線、日暮里から常磐線快速、柏で緩行に乗りかえ北柏駅の到着は2時を回った。
中華料理屋で五目そばを食べる。
3時、北柏駅北口停からバスに乗り10分ほどで柏市立柏病院に着く。3階病室に着くと父はうっすらと口を開けて時々いびきをならしながら眠っていた。
4時半ころ退散しようと「こんにちは」と声をかけると目を覚ました。持ってきた写真を見せると少し笑うような表情を見せて「ありがとう」と言う。「どう?眠い?痛い?」というのには答えず、「お母さんが毎日来てくれる」と言ってまた眠った。
「また来るね」との声には反応しなかった。5時前病院を後にする。







このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年2月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ