2010年6月アーカイブ

外人帰国する

| トラックバック(0)
仕事の関係で年1?2回の頻度で来日する二人組の外人が6月2日から滞在していたが、6月18日成田をたった。

自分は英語ができないという状況は相変わらずで、歯がゆい場面も度々なのだが、今ではもっと上手くなろうという気持ちはほとんど無くなってしまった。所詮内容を理解したり説得するための会話だから語学自体はそう上手くならなくて良い、内容こそ肝心だ、という大局観ではない。年のせいか諦める局面が多く、「まあいいかイズム」にどっぷり浸かっているからなのだ。

ともあれ、嵐は去った。

iPod touch 購入

| トラックバック(0)
とうとう買いました。 パソコンに依存するとこも大きいのですが、写真の閲覧は良いです。 しかし、入力はやはりしんどいです。

歌はうまくなるのだろうか

| トラックバック(0)
大橋のぞみちゃんについて心配事がひとつあります。
それは、彼女が大きくなったら(中学生か高校生か)になったら、歌がうまくなるのだろうかということです。崖の上のポニョの大ヒットで一躍有名になったかわいい大橋のぞみちゃんですが、その歌はかつての「山口さんちのツトム君」や「黒ネコのタンゴ」同様、子供が歌うことのかわいらしさ、あどけなさをウリにしているわけで、お世辞にも上手いとは言えないわけです。どこにでもいそうな小学生というイメージなのでしょうか、コマーシャルなどのメディアにも(下手な)歌付きか(舌足らずの)しゃべり付きで頻繁に露出しています。
その一方でさくらまやちゃんみたいに子供離れした歌のうまい子もいるので、「こどもらしさ」ではなく「芸」で勝負ということもありえなくはないのです。もっとも、まやちんの場合は明けても暮れても稽古、稽古なんだそうで、芸を極めるのに人並み外れた努力を要する点は子供だからとて例外ではないでしょう。
で、大橋のぞみちゃんは大きくなったら歌がうまくなるのでしょうか。
大人になって歌がうまくない歌手は成立しないでしょうから、どんな形でメディアに出ているのか、将来が楽しみというか、心配です。もっとも今でも歌手ではなく「タレント」なので、歌が上手くならなければ、歌わなきゃいいだけの話ですね。失礼しました。




ブログソフトの入れ替え

| トラックバック(0)

6月1日、気づくとMovableTypeはバージョンが5になっている。オープンソース版をインストールし、データを移行させる。一部の古いテンプレートの不具合からページの再構築にエラーが出たので、プリセットの新しいテーマを適用して済ます。

ハードディスクを入れ替えてからパソコンの調子はよい。回転数を上げるのはやはり良いのか。あるいはまだソフトがインストールされていないせいか。

 

 


このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ