電子メールはライフラインなのだが

| コメント(0) | トラックバック(0)
依存しないで生きていけたらどんなにかよいと思うのだけれど、社会的には電子メールは一種のライフラインになってしまっている。それ証拠に会社のメールが早朝5時から6時間止まっただけで、結構深刻な不満が聞こえてくる。
メールシステムなんてそんなものさ、という考えはもはや常識とは理解してくれない。

ちょっとしたサーバーのメンテナンスがあって、その不具合の修復に予想以上の時間がかかったので半日メールの送受信ができない事態に陥った。そんな状況を問い合わせることもできないし、不具合の状況をメールで知らせることもできない。

電車の運行情報もおなじだが、せめて、状況、見通し、理由を知るだけで救われることもある。問題はなにも解決していなくともだ。せめて大きなメンテナンスがあるときには、こんな作業があるような予告をするだけで、気持ちの面ではだいぶ異なるだろうに。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://imagawaikuo.com/mt/mt-tb.cgi/43

コメントする


このブログ記事について

このページは、イマガワが2012年3月13日 23:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「久しぶりにCMSをアップデートする」です。

次のブログ記事は「少しは性能が改善したか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ